「黄金の頂き」-極められた技と美の結晶-

1969年以降、セイコーは「高級化」という時代の要請に応えるため、18K、14Kなどの貴金属を使った「特選腕時計」シリーズを発表しました。
そして、1974年に「特選腕時計」シリーズはグループ化され、「セイコー クレドール(SEIKO CRET DOR)」と名付けられました。
“CRET D’OR”はフランス語で「黄金の頂き」という意味。セイコー クレドールはこの名に相応しく、金、プラチナなどの貴金属を中心とした、厳選された素材だけを使用し、デザイン、ムーブメントから細かな部品のひとつひとつに至るまで、厳選された素材に現代の名工たちの技術と感性を注ぎ込んで、常に最高級の品質を守り、豊かな個性を主張し続けてきました。
「黄金の頂き」の名を持つ、極められた技と美の結晶-それがクレドールです。

お問い合わせ・来店予約