伝統と、挑戦。”究極”を意味するギリシア語”Ω(オメガ)”
オメガの歴史は、1848年、時計師ルイ・ブランがスイス、ラ・ショー・ド・フォンに時計工房を開設した所に始まります。
その後、ビエンヌに工場を移転。当時としては革新的な、部品一つひとつにいたるまでの自社一貫生産体制で操業します。
そして1894年に発表した新型ムーブメントは、当時の時計としては画期的な完成度の高さであり、その時計には”究極”を意味するギリシア語の最終文字”Ωマーク”が冠され、ムーブメントには通し番号が刻まれるようになりました。
1903年には正式社名としてオメガの名を掲げました。
1905年には、高精度の証であるクロノメーター検定で好成績を獲得。それ以降もたくさんの天文台の精度コンクールで一位を獲得しました。その名残は、現在コンステレーションというシリーズの裏側に刻印されている、天文台のマークに見ることができます。
その精度の高さから、1932年からはオリンピックの計時を務め、現在では過去最多の公式計時を務める時計メーカーです。
オメガは精度を追求するだけでなく、極限状態での時計の使用という点にも非常に力を入れており、水中、そして宇宙空間においても、正確に時を刻み続ける時計を作り続けています。
現存する最古のシリーズ名、シーマスターと、そこから派生したスピードマスターに、その歴史をみることができます。
オメガは、その歴史において優秀なムーブメントを数多く開発してきましたが、最近では時計師ジョージ・ダニエルズ博士とともにコーアクシャル脱進機とよばれる新しいムーブメントを実用化することに成功。1999年のバーゼルフェアにおいて、その搭載モデルを発表しました。
従来のものに比べて長く安定した精度を保つことができ、オーバーホールのサイクルを引き延ばすことができるこのムーブメントは、現在オメガの主要な時計に搭載されています。

aboutspdmstr



CONSTELLATION


SEAMASTER


SPEEDMASTER


DE VILLE

お問い合わせ・来店予約