1967年、ネクタイデザイナーとしてのキャリアをスタートさせたラルフ・ローレンは、当時革新的な幅広のネクタイをデザイン。これは『幅広ネクタイ革命』と呼ばれた大流行を巻き起こし、Polo ブランドの発端となりました。
その後40年間にわたり、氏は独自のビジョンを広げ、磨きをかけ、周囲の世界に存在する最も魅力的な要素からインスピレーションを受けつつ、メンズ、レディース、キッズ、フレグランス、インテリアといったコレクションを展開してきました。
ラルフ・ローレンは、伝統への敬意を表しながらもそれに縛られることなく、人々のライフスタイルのためのデザインを創造し、常に新鮮で現代的でありながら、確固たる“時を超越した魅力”と機能性を備えた“象徴的なスタイル”を提供しています。

2007年、ラルフ・ローレンはリシュモングループと Ralph Lauren Watcn & Jewelry Co.S.A.R.L.の発足を発表。高級時計とジュエリーのデザイン、開発、製造、販売を行う共同事業を開始しました。このコラボレーションは、単なる2 企業による共同事業にとどまりません。ラグジュアリーな高級時計製造の世界では極めて重要な、ディテールと品質にかける情熱を分かち合う、Ralph Lauren とヨハン・ルパートという2 人の人間同士のパートナーシップなのです。

そして2009年、Ralph Lauren はジュネーブサロンSIHHにおいてブランドを象徴する初の代表的な3つのコレクションを発表しました:馬具の鐙をデザインした スティラップコレクション(Stirrup Collection )、薄型ケースとアールデコ調デザインが美しい スリム クラシックコレクション(Slim Classique Collection )、そして車やヨットなどのスポーティーなライフスタイルのための スポーティングコレクション(Sporting Collection )です。
本格的かつ極めて洗練されたこれらの時計は、ホワイトゴールド、ローズゴールド、プラチナそしてステンレススティールを素材とし、いくつかのモデルにはダイヤモンドがセッティングされています。スイス製ならではの最高品質を誇る機械式ムーブメントを搭載した各モデルは、Ralph Lauren ならではの本物を追求する志向を反映した複雑なディテールと比類ない仕上げにより完成されています。以来、Ralph Lauren はウォッチ コレクションを構成するこの3つのコレクションをさらにバリエーション豊かに発展させていきます。

お問い合わせ・来店予約