1865年、ゼニスの創業者であるジョルジュ・ファーブル=ジャコは時計製造に関する全ての専門技術を一つ屋根の下に結集してマニュファクチュールの概念を考案することにより、時計の製作に革命をもたらします。1899年にはマニュファクチュールとして最初のクロノグラフポケットウォッチを発表。
1911年には天空の頂点を意味する「ゼニス」という社名を採用し、以来この名は頂点に輝くブランドが追求する卓越した技術水準の象徴として現在まで使い続けられています。

1969年には初の一体型自動巻きクロノグラフであり、現在も世界で最も精度の高い量産型キャリバーであるエル・プリメロが誕生。このキャリバーは毎時36,000回の振動数を誇るテンプにより、1/10秒単位の計測が可能な唯一のキャリバーであり、後年には大手時計メーカーが自社の時計にこぞって搭載する伝説的なムーブメントになります。2009年に誕生40年をむかえ、さまざまな複雑機構や画期的なメカニズムを取り入れながら進化しつづけ現在でもゼニスを代表するムーブメントでありつづけています。

お問い合わせ・来店予約