スタッフブログ

キュートなサクセスジュエリー、ローリーロドキン。

いつも当社ブログをご覧頂きありがとうございます
今日から4月、新年度ですね!

新生活が始まり、身の回りの環境が変わったり、
気分的に新しい事に挑戦してみたくなったり、、
新しいジュエリーを買おうかな?と思ったり、 、、♡

そんな女性にオススメしたいブランドがローリーロドキン❗️

着けていると、想い描くなりたい自分に導いてくれるといわれ、高いステージに上がっていけるサクセスジュエリーとしてハリウッドセレブを中心に世界の著名人に愛されているブランドです!!!

200401

上の写真のように、シンプルにひとつのみで使っていただいてももちろん可愛いのですが、

200401-2

このように重ねて着けて頂くと、よりローリーロドキンらしさが際立ち、一層魅力的です♪

ローリーロドキンは当社店舗ではIKEDAプラスのみのお取り扱いとなります。
まだまだご紹介したいデザインがたくさんございますので、是非、一度お越し下さいませ❗️
お待ちしておりますー

ブルガリ オクトローマ トゥールビヨン サファイア

こんにちは!ビュープラス高知です。

今回は、ブルガリの中でも一際スペシャルなモデルをご紹介いたします。

その名も、”オクトローマ トゥールビヨン サファイア”

200331-1
名前を見るとお分かりかと思いますが、こちらはブルガリ・メンズウォッチの新しいアイコン、オクトローマをベースにトゥールビヨン脱進機を備えサファイアクリスタルを多用した特別なスケルトンキャリバーを搭載したコンプリケーションウォッチとなります。

美しく仕上げられたスケルトンムーブメントは、既成のキャリバーを肉抜きした従来のスケルトンではなく、専用に設計された非常に手のかかったもの。
200331-2

そして、6時位置では複雑時計の雄、トゥールビヨン脱進機が軽やかに時を刻んでいます。

通常ブリッジというパーツを用いてムーブメントに固定するキャリッジを、ブリッジ無しで固定したものをフライングトゥールビヨンと呼びますが、このモデルではスケルトンキャリバーとあいまってその軽やかな魅力がより増しています。
200331-3
ブラックDLCの施されたケースにブルーで彩られたブリッジ、レザー・ストラップと全体を2色でシックにまとめ、針とインデックスをローズゴールドにすることで華やかさを演出。

時計好きのための時計でありながら、あくまでもエレガントで都会的なデザインにまとまっています。

こちらの時計、時刻合わせにも非常に凝ったギミックが仕掛けられているのですが、そちらはぜひ店頭でご確認ください!きっと驚かれるのではないかと思います。

価格的にはハイプライスなゾーンに属しますが、特殊なスケルトン構造のキャリバーにフライングトゥールビヨンといった仕様を考えると価格以上の価値のある製品です。

ぜひお手に取って、その仕上げのすばらしさ、ムーブメントの動きをご堪能下さいね。

製品のスペックを見る >

ブルガリの他の製品を見る >

本日3/27より、IKEDAプラス内カルティエブースがリニューアルされました!

カルティエの提案する新しい世界観を表現するディスプレイをぜひご体感下さいませ。
スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
cartier

タグホイヤー・カレラ・キャリバー02 ブルーエディション

こんにちは!

IKEDAプラス 落合です。

今回は、日本限定400本「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ ブルーエディション」を紹介します。⌚️

CBG2019.BA0662

CBG2019.BA0662

本製品はタグ・ホイヤーの最新の自社製ムーブメント”キャリバー・ホイヤー02″を搭載したクロノグラフです。

タグ・ホイヤーだからこそ開発が可能となった自社ムーブメント、”キャリバー・ホイヤー02″は、発表と同時に業界に衝撃を与えたトゥールビヨンモデル、以前当ブログでも紹介したGMTモデルと、複雑なメカニズムのベースにも使われており、タグ・ホイヤーのこのキャリバーへの意気込みが伝わってきます。

往年の名機を復刻したオウタヴィアにも本キャリバーが搭載されています。

信頼性、高い性能、アフターセールス、サービスと全てにわたり、現代性を徹底した最新ムーブメントです。

ムーブメントのみならず、既存のカレラのデザインを大きく変化させ、発売とともに大人気となったタグ・ホイヤー・キャリバー01からつながる現代的でマッシブなケースデザインも魅力です。

ステンレス製のケース、ベゼルにスケルトナイズされたブルーの地板が差し色となり、スポーティ過ぎない爽やかでエレガントな腕元を演出します。

時計を見るたびに文字盤の奥から機械の動きが見え、カッコ良くて、堪らないですよね

200228-1

ケースバックには「JAPAN LIMITED EDITION」の文字とシリアルナンバーが刻印されています。

日本に400本しかないレアモデルです!

是非IKEDAプラス店にお越し下さいね。

日経企業イメージ調査にて、グランドセイコーに高い評価

200221
先日行われた日経企業イメージ調査において、「グランドセイコー」を擁するセイコーがビジネスパーソン部門一位に輝きました。

記事中には、

時計製造は130年近い歴史を有し、信頼を築いてきた。最高レベルの計測が要求されるスポーツ計時でも、多くの競技大会でオフィシャルタイマーを務めている。また、高級腕時計ブランド「グランドセイコー」は日本が生んだ最高峰の時計として、世界から高い評価を受けている。ムーブメント(時計の駆動装置)の設計、開発、製造、組み立てから多様なパーツの開発まで自社で行う”真のマニュファクチュール”とも言うべき環境でつくられる。モノづくりに対する真摯な姿勢が、多くの支持を集めているようだ。

とあります。
特にここ数年のグランドセイコーは実用時計としての完成度の高さの追求に加え、日本的な感性を感じさせる要素を製品に入れ込んできており、より魅力的なモノづくりを行っています。
世界展開を見据えどんどん魅力的になっていくグランドセイコー、そして伝統工芸の積極的な採用や、職人の手仕事をクローズアップした製品づくりなど、日本的なラグジュアリーウォッチを提案するクレドール。
また、プロスペックスやアストロン、プレザージュなど、先進的なコンセプトのブランドを擁するセイコー。

グランドセイコーサロン、クレドールサロン、セイコーウオッチサロンを展開するIKEDAプラスではいま挙げたすべてのブランドがご覧いただけます。

ぜひこの機会に、改めて日本の誇るセイコーのすばらしさを体感してみてくださいね。

生まれ変わったサントスデュモン

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます!
IKEDAプラス店 水本です。

今回は、カルティエより2019年のSIHHにてリニューアルされることが発表され、現在大人気のニューサントスデュモンをご紹介致します⌚️

サントスデュモンが発表されたSIHHの様子はこちら >

そもそもサントスという時計は、
20世紀初頭にブラジル出身の飛行家である「アルベルト サントス=デュモン」が飛行中でも時刻を確認出来る時計を友人であったCartierの創業者 3代目 ルイ・カルティエにオーダーしたのが始まりです。
初めから腕に着けることを前提としてデザインされた極初期のリストウォッチであり、腕時計の元祖ともいわれています。

今回のリニューアルでは、サントスデュモンは手巻きのシンプルな時計からよりオリジナルに近いデザインを持った、薄型のクォーツモデルとなりました。

200125-2

搭載されるムーブメントは新開発のもので、その特徴として電池寿命が約6年とロングライフになっています。
従来のクォーツムーブメントの電池寿命は約2〜3年といわれていますので、この時計のそれがいかに長いかお分かり頂けると思います!
電池式の時計はバッテリー交換が面倒だな…とお感じのお客様でも着けて頂きやすいのではないでしょうか😊

デザイン面ではサントスの特徴であるベゼルに配されたビスはその出自を強く感じさせるスポーティさを、文字盤上のレイルウェイトラックや細身のローマ数字がカルティエの時計らしい気品を表現しており、それが厚さ7.3mmと非常に薄型のケースにまとまっています。

この薄さは長袖シャツの袖口でもおさまりがよく、スーツスタイルなどにも非常に映えます!もちろん、オフタイムでも腕元を華やかに彩ってくれます◎

また、サントスシリーズとしては唯一女性用サイズが用意されており、ペアで着けて頂けるのも魅力的ですよね😌

サントスシリーズとしては唯一、女性用サイズが用意されている

サントスシリーズとしては唯一、女性用サイズが用意されている

是非、お客様の目でご覧になって下さいませ☺️💓

ご来店お待ちしております♫

カルティエの製品を見る >

IKEDAプラスの最新情報をグーグルマップで見る

2本のエル・プリメロ

こんにちは!
ビュープラス高知 店長の宮北です。

今回は、ゼニスより自動巻きクロノグラフの名機エルプリメロを搭載する、2本のリミテッドモデルをご紹介いたします。

エルプリメロといえば、1969年の発表以来小変更を繰り返しながら現在まで生産され続けている超ロングセラーであり、業界を代表するクロノグラフムーブメントとして語られることも多いまさに名機とよばれるムーブメントです。

まず一本目にご紹介するのは”A386 REVIVAL”と呼ばれるモデルです。

こちらは1969年発売当時のケースを忠実に再現。直径38mmというサイズは現在では小径とされますが、発売当時の雰囲気を色濃く漂わせます。

そして、時計全体のクラシカルな雰囲気とは裏腹にディテールは非常に現代的。最先端の設備を用いて生産されているので細かなところまでしっかりと作りこまれており、完成度は非常に高いものとなっています。

30.A386.400/69.C807

30.A386.400/69.C807

当時のものと違いシースルーバックにされた裏蓋からは、美しく仕上げられたムーブメントを鑑賞することができる。

当時のものと違いシースルーバックにされた裏蓋からは、美しく仕上げられたムーブメントを鑑賞することができる。

エル・プリメロ50周年を記念して50本のみ生産された希少性の高いモデルであり、コレクターズアイテムとしても価値ある逸品ではないでしょうか。

30.A386.400/69.C807を詳しく見る >

そして2本目は、新キャリバー”EL PRIMERO 3600″を搭載したクロノマスター2

エル・プリメロ50周年を記念してムーブメントを全体的に見直しし、生まれ変わった新キャリバー”EL PRIMERO 3600″を搭載した本モデルは、ベゼルにセラミックを用い、文字盤も以前のクロノマスタースケルトンとは違った仕様を与えるなど、新しさを強く主張する仕上がりとなっています。

95.3002.3600/69.C818

95.3002.3600/69.C818

限定250本とこちらも生産数が少なく、レアモデルとなっております。

カラーバリエーションとして黒基調のモデルもご用意しておりますので、エルプリメロの次の50周年への第一歩となるモデルを、2色より選んでいただけます。

95.3001.3600/69.C817を詳しく見る >

95.3002.3600/69.C818を詳しく見る >

ze4

名機エルプリメロの歴史に想いを馳せながら、初期モデルから最新型までを比較しながら選んでいただけるのは50周年を迎えたこのタイミングだけではないでしょうか。

ぜひ店頭で、手に取ってその精緻な作り込みをご覧くださいね。

ご来店お待ちしております。

ゼニスの製品を見る >

グーグルマップでビュープラス高知の最新情報を見る

日本が世界に誇る時計、グランドセイコー

いつもご覧いただきありがとうございます。IKEDAプラス 店長の山本です。

今回はグランドセイコー(GS)をご紹介させて頂きます。

グランドセイコーといえば、実用時計の最高峰と謳われるほど、その完成度には定評があります。

そんなグランドセイコーが発売開始されたのは1960年。

高級腕時計といえばスイス製と認知されていた時代において、グランドセイコーはスイスの高級腕時計に挑戦する国産最高級腕時計として誕生しました。

初代グランドセイコーが誕生したとき、すでにその精度は当時のスイスのクロノメーター優秀規格と同等という驚異的なものでした。

初代GSのデザインを忠実に再現、復刻した限定モデル,SBGW252。まだセイコースタイルが確立される前の、貴重なデザイン

初代GSのデザインを忠実に再現、復刻した限定モデル,SBGW252。まだセイコースタイルが確立される前の、貴重なデザイン

SBGW252を詳しく見る

さらに1969年には究極の精度を実現した”グランドセイコーV.F.A”が登場。

V.F.Aは「Very Fine Adjusted」の略で、機械式時計としての正確さを極限まで追求したその精度は「日差」が常識の機械式時計の中で「月差±1分以内」という画期的なものでした。

1970年代にはセイコーが世界で初めて発売したクォーツ腕時計の急速な普及によって機械式のグランドセイコーはいったん市場から姿を消すことになりましたが、1988年、年差±10秒という高精度のクォーツムーブメントを搭載して復活。

1998年には20年のときを経て完全新設計の機械式ムーブメントを搭載したモデルを、2004年には、セイコー独自の最新技術、スプリングドライブ搭載モデルを発売し、現在の3ムーブメントの体制が出来上がりました。

現在でも誕生当時のコンセプトを常に磨き続け、高精度、視認性の良さや装着感へのこだわり、永く愛用できる耐久性などを兼ね備えた、実用時計の最高峰としての地位を確固たるものにしています。

独創の駆動機構である「スプリングドライブ」の誕生20周年と、日本が誇る怪獣映画の金字塔「ゴジラ」の65周年を記念したスペシャルモデル、SBGA405 。マッシブな造形のケースデザインはGSの最新型。

独創の駆動機構である「スプリングドライブ」の誕生20周年と、日本が誇る怪獣映画の金字塔「ゴジラ」の65周年を記念したスペシャルモデル、SBGA405
。マッシブな造形のケースデザインはGSの最新型。

SBGA405を詳しく見る >

スイス勢の華やかなブランドは魅力的です。

しかし、日本が誇るグランドセイコーを選ぶということもまた最良の選択のひとつです。

「正しく時間を刻む」という時計本来の機能を追究し続けるその姿勢とモノづくりは国外においても非常に高く支持されていますが、やはり日本人に一番マッチする感性ではないでしょうか。

永く使うことで、じっくりと染み込んでいくように伝わる魅力がグランドセイコーにはあります。

当店でも、人気の高いブランドです!

是非一度、店頭でグランドセイコーに触れて、その魅力を体感して下さいね。

200114-3

グランドセイコーの他の製品を見る >

2020年もよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます🙇‍♀️🎍
本年も宝石・時計 池田ならびにジュエリービューをよろしくお願い致します。

2020年が、皆様にとって実りある素晴らしい一年となりますように✨✨

さて、現在宝石・時計 池田ならびにジュエリービュー全店にて新春福市を開催中です‼️

200106-1

素敵な商品が、期間限定でよりお求め安くなっております😊

ぜひお近くの池田時計店、ジュエリービューにご来店下さいねー♪

職人技がつくりだす、個性派ブランドCapricious(カプリシャス)

いつも当社サイトをご覧いただきまして、ありがとうございます😊

IKEDAプラス 落合です⛄️

2019年もあと数日。

ここへきてぐっと冷え込んでまいりましたが、皆様お風邪等ひかれていないですか?

さて今回は、当店取り扱いブランドのニューカマー、2010年に誕生したばかりのジュエリーブランド「Capricious(カプリシャス)」をご紹介いたします。

多彩なデザインのチェーンジュエリーで注目を集める「カプリシャス」

このブランドの主役は、ダイヤモンドやその他の宝石ではなくチェーンそのもの。

熟練職人の卓越した技術によって生み出された、繊細で遊び心のあるデザインが豊富に揃っています✨

191229-1

191229-2

191229-3

ジュエリーといえば宝石ありきという概念を払拭する華やかで洗練されたデザインは、ひとくちにチェーンといっても、太さやフォルム、素材の色などで雰囲気ががらりと変わることを改めて教えてくれるはずです。

また、カプリシャスというブランド全体に流れる軽やかな雰囲気は、春のスタイリングのアクセントにも最適。

2020年もモダンに、エレガントに、そしてクールに。自分らしいスタイルのチェーンを見つけてみてはいかがでしょう👒

191229-4

IKEDAプラスは年内いっぱい営業いたしております。

是非、お越し下さいませ🌸

カプリシャスをメーカーサイトで見る>

KASHIKEY MORE

こんにちは!

IKEDAプラス 水本です😌

クリスマスがだんだん近づいてきましたね🎄

大切な方へのプレゼント🎁、一年間頑張ったご自身へのご褒美はもうご準備されましたか?

これからご準備される方へ向けて、今回はカシケイブラウンダイヤモンド💎からMORE(モア)をご紹介させて頂きます!

191223-1

この秋に誕生したばかりの”KASHIKEY MORE”

センターのブラウンダイヤモンドの輝きを、その周囲にセッティングした無色透明のメレダイヤモンドがより一層引き立たせます✨

そして、ベースとなる素材にはブラウンダイヤモンドのお色に合わせてブラウンゴールドという地金を使用しています。

カシケイのブラウンダイヤモンドは、専任スタッフが厳しい基準で確認し、品質の良いブラウンダイヤモンドのみを厳選して使用しており、輝きが全然違います✨

明るいところで輝くのはもちろん、光の少ない暗い場所でもしっかり煌めきます。

キラキラ感がたまりません☺️

191223-2

ブラウンダイヤモンド💎のジュエリーはその上品な煌めきと、肌なじみの良いカラーリングで、よりナチュラルに普段から着けて頂けます。

この冬❄️流行りのブラウンカラーのお洋服に、ブラウンダイヤモンドのジュエリーをコーディネートしてみてはいかがでしょうか?

今回、紹介させて頂いたMOREコレクションの他にも素敵なデザイン、違ったブラウンのお色味の商品もございますので、是非ご覧下さいね(*^_^*)💕

ご来店お待ちいたしております。

IWCから個性の光る2本をご紹介!

いつもありがとうございます、IKEDAプラス 店長の山本です。

IWCフェア好評開催中の当店から今回ご紹介させて頂きますお時計は、IWCのラインナップの中でも個性が光るこの2本!

一本目はパイロット・ウォッチ・オートマティック “スピットファイア”です!
191218-2
「パイロット・ウォッチ・オートマティック “スピットファイア”」は1948年から英国空軍のために製造されたマーク11 ナビゲーション ウォッチの極めてシンプルな計器デザインを忠実に継承したルックスを持ちながら、内部には新開発のIWC自社製キャリバー32110が搭載されています。
堅牢な自動巻きムーブメントは双方向爪巻上げ機構によって72時間のパワーリザーブを蓄えます。
ケースは直径39mm・厚さ10.8mmと比較的小ぶりでとても装着感が良く、ステンレス製ケース、ブラックの文字盤、グリーンの布製ストラップは、スピットファイアのコックピットに見られる色から着想を得ています。軟鉄製インナーケースが効果的にムーブメントを磁場から保護します。
小ぶりでフィット感の良いケース、ロングパワーリザーブムーブメント、そして磁気に強くルックスはクラシカルでオーケージョンを選びません。
ミリタリーウォッチの枠を超え、とても実用的な一本となっております!

191218-4

ちなみに上の写真は、2019スイスジュネーブで開催されたSIHH(ジュネーブサロン)に私が実際に行った時の写真です(≧∇≦)
今回ご紹介したスピットファイアに着想を与えた、ホンモノのシルバースピットファイアが展示されていました!

そして2本目のお時計は
「アクアタイマー・クロノグラフ・ローレウス・スポーツ・フォー・グット」です!
IWCがメインスポンサーをつとめる「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド」
その団体を支援する特別限定モデルの最新作となります。

191218-1
ベースとなったアクアタイマーは300m防水のダイバーズ・ウォッチで、フライバック機能付きクロノグラフ・ムーブメントであるIWC自社製キャリバー89365を搭載。12時位置のサブダイヤルに、経過時間を分単位で表示します。外側/内側の回転ベゼルにより、潜水時間を安全に設定することができます。
ローレウス限定モデルでは、ラバーコーティングを施したステンレススティール製ケースに特徴的なローレウスブルーの文字盤、夜光塗料を塗布したブラックの針が備わっており、カラーリングですぐにローレウスモデルだとわかります。
191218-3
ケースの裏蓋には、15歳のメランが「Time to Learn(学びの時)」というテーマで描いた絵のエングレーヴィング。これは、IWCがローレウス財団のプロジェクトの一環として毎年開催している絵画コンテストで最優秀賞に選ばれたスリランカの少年の作品です。

いかがでしたでしょうか?

2本ともバックグラウンドに物語を持った、とても特別なお時計です!

IKEDAプラスで是非ごらんになって下さいね!

また、IWCでは、より安心して使っていただける取り組みとして2年から8年に保証が延長になるサービスも開始しております。こちらもお気軽にご質問ください。

それでは、ご来店を心よりお待ちしております。

IWCフェアの詳細を見る >